スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のお茶会に参加してまいりました。

昨日は、当店のぶぶ茶鰻用のお茶を作っていただいている
椿堂茶舗さんが伏見稲荷大社にて開催された
『芳春茶会』に参加させていただきました。

抹茶入り玄米茶「舞緑」をかけて熱いお湯を注いで食べる『ぶぶ茶鰻』鰻の佃煮の上にはらりとのっているのが、椿堂さん特製の茶葉です


伏見稲荷大社の重要文化財である「お茶屋」と非公開の茶室「瑞芳軒」
と言われる場所にて開催された御煎茶の会は、少し改まった雰囲気で、
掛け軸や器などの由来をお話されるのを聞きながら、文化的なひととき
を満喫いたしました。

そして何より、入れていただいたお茶も椿堂さん自家製の菓子もとても
美味しくて楽しい時間となりました。
「写真撮影もどうぞ」とおしゃっていただき、茶器や掛け軸の美しさを
カメラにおさめようとがんばっていたのですが、帰宅してみるとどれも
実物の良さがおさまっていない(涙)

実物はもっと、素敵でしたよ。

椿堂さんは、煎茶会だけでなく、お茶に因んだ企画を催されています。
私のように初心者でも、わかりやすくお話いただける煎茶会。
こういう和の世界に浸る一日も素敵ですね。

掛け軸は『千狐』という名前がついているそうで、
狐がたくさん描かれているんですよ。
そういうのも私のような初心者には面白い♪

椿堂さん煎茶会 茶器「千狐」とよばれる掛け軸


お道具に描かれている絵のお話なども楽しく

椿堂さん煎茶会にて  


スポンサーサイト
プロフィール

梅小路随想録

Author:梅小路随想録
京都舞坂スタッフブログへようこそ。
私達スタッフの日々の発見、うなぎ・すっぽんだけでなく季節のお料理のお話などなどをお伝えするスタッフブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。