スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒い冬の朝には、これ!

気づいたら、すっかりご無沙汰で年を越してしまった梅小路随想録です。
今年の京都のお正月は、例年にない大雪でしたが、皆さんお風邪などひかれていませんか?

先日のこと。その時の話を知人としていたら、その日は神戸から戻られたとか。
「神戸はね、雪積もってなくて京都についてびっくりしたのです!」
とおっしゃっており。えー、神戸といえば同じ近畿圏。

すぐ近くのエリアなのにそんなに違うものなのか…と思った次第です。
子供の頃、雨の境目の景色を見たいな~と思ったことあったな~。
雪の境目もやっぱりあるのでしょうかね。

1月の半ばの本日もまだまだ寒うございます。
こんな朝におすすめの、すっぽん雑炊をご紹介。
写真見ただけでも体がホクホクしてくること間違いなし!
(これはあくまで私見でございますが…)

すっぽんスープで作る『すっぽん雑炊』

見ただけでホカホカしてくる気がしませんか?
刻み生姜とすっぽんエキスの効果かしら…、食べてるそばからポッカポカ。
心も体もあったまる優しい雑炊です。

2月からリリース予定の新ホームページでは、ボチボチペースではありますが
体に優しいお料理レシピをご紹介していくレシピブログもついてます。
この雑炊の作り方もご紹介していますので、リリースをお楽しみに♪

ご縁に感謝。

広報担当の佐竹です。
京都舞坂の広報や企画の仕事をし始めてから、
お知り合いになった同世代の方々に日々刺激を頂いております。

先月は、当店のお茶漬け用の鰻を美味しく食べるためにと、
専用の抹茶入り玄米茶を作って下さった京都伏見の椿堂茶舗さん
が開催されたイベントに参加させて頂きました。
10659157_319756574869130_3054857687933859384_n.jpg

春に手摘み体験をさせて頂いた高級茶葉のお披露目会。
『salon de 手 present ジュスカグランペールディナーショウ』

東山にあるアカガネリゾートにて行われたこちらのショー。
当日の場内の様子は撮影できなかったので、入り口にあった
当日お披露目された「手」とかかれたお茶を撮影。
後半は、ジュスカグランペールさんの生演奏があり
秋の京の夜を満喫させていただきました。

この文字は、当店の商品題字でもお世話になっている
秀蓮さんによるものです。

1415540022997.jpg

私と同じ世代のこちらのご店主は、伝統を大切に守りながら
次々に新しいことに挑戦されているとても素敵な方です。
いつお会いしても、うーん私ももっと頑張らねば…
と思ってしまう大変魅力的なお仕事をされております。

そして、今日はこの題字をかかれた書道家の秀蓮さんの
みやこめっせにて開催された個展最終日に寄せて頂きました。
1415540024652.jpg

1415540022088.jpg

今回は、ライブで大作をかかれるパフォーマンスも拝見することができ
書だけでなく秀蓮さんがかかれた言葉のひとつひとつに感動の連続でした。
人に感動の瞬間を与えることができるお仕事って本当に素敵ですね。

私も、当店の料理人が一生懸命作る料理をもっと多くの方々に知って
頂き感動してもらえるように、企画・広報のお仕事頑張らねば…

お仕事でご縁を頂いた方々のご活躍に刺激された有意義な秋の日々でした。



舞坂創業感謝祭の特別お料理

新人パートの塩ちゃんと広報 佐竹のコンビでお届けしております、こちらのブログ。
本日は、現在開催中の秋の創業感謝祭の特別メニューのお話です。

秋のうなぎミニ会席

写真は、「舞坂らしいお料理で創業祭を盛り立てよう!」という社内の企画により
料理顧問が考案致しました創業祭特別料理「秋のうなぎミニ会席 3500円」です。

企画広報担当の役得で試作段階で試食もさせてもたっていた私(佐竹)。
このね、真ん中のお料理が特に筆舌しがたい味わいで…食感と味。
自画自賛じゃないけど、本当にとっても美味しくて感動~。

で、接客担当のスタッフの皆様にもこの感動を体感して頂き、
お客様に自分の言葉でPRしてもらいたい!
そしてひとりでも多くのお客様にこの美味しさをご体感頂きたい!
ということから試食を接客スタッフにもしてもらうことになり…

撮影の腕に最近ますます磨きがかかるパートの塩ちゃんも撮影後
試食できることに!いや~嬉しい、いいんですか?と喜ぶ塩ちゃん。
この感動を是非レポートしておくれ~と社長より勅命を受けた塩ちゃん。
早速メールで画像とコメントを送ってくれる仕事の早さ

そしてこちらが塩ちゃんのスマホ撮影によるもの!
アボガドと絶妙な白蒲焼

『創業祭で出している、鰻の白焼きの湯葉巻きをご馳走になりました。
鰻の間に黄緑色の何かがサンドされているのが目に飛び込んできました。
アボカドでした。アボカドを白焼きの鰻ではさみ、表は湯葉で巻いてあります。
色も綺麗で、口に入れたらふわりとしていて、鰻の風味にアボカドのこっくりした感じがよく合っていました。
素材の味を生かした上品な美味しさでした。
わさび醤油がよく合います。
隣にも湯引きした鰻をアボカドで和えたものが。
こちらもクリーミーで美味しかったです。
周りには解毒効果のある菊やシソ等も添えられ、大根や人参の紅葉が散って、見た目にも美しい、秋の一品でした。
それにしても、鰻とアボカドがこんなに合うなんて。』(by 塩ちゃん)


そうなんです。鰻とアボガドの絶妙なハーモニーを是非皆様。
ご賞味くださいませ~。(by佐竹)

オリジナルレシピの「みそ漬けの味噌」

広報担当の佐竹と新人パートの塩ちゃんのがお届けするブログでございます。

製造部門でお仕事中の塩ちゃんにお願いして、
「あら!こんなものもやっているの?」と舞坂新発見をお届けしておりますが、
今回は、『みそ漬けの味噌』のお話。

舞妓さんが京都チックな味噌漬けの味噌

舞坂オリジナルのお味噌です。
魚や肉にも合うようです。
舞妓さんのパッケージがとっても可愛い🎶
女子好みな商品だから、京都土産にもいいかもしれませんね(by塩ちゃん)


この舞妓さんラベル。実は『特製ぽん酢』の旧ラベルでおなじみのものを
『みそ漬けの味噌』用にアレンジしたもの。店舗でお出しする味噌漬けの
お魚はこの味噌を使っております。

おいおいこれを使ってつくる簡単レシピなども作れたら良いな~と
考えるわたくし(佐竹)でございます♪

秋の鱧はあぶらがのって美味しいのです!

ずいぶん、ご無沙汰をしてしまいました。
広報担当の佐竹です。

夏からギフト製造部門にパートで入ってくれた友人塩ちゃんのご協力で京都舞坂facebookページにて、『舞坂新発見!新人パート塩ちゃんのつぶやき』シリーズを始めたのですが、facebookはあまり…というかたもいらっしゃるようなので、こちらのブログでも私と塩ちゃんの掛け合いコメントを発信させて頂こうと思います!

そして、今日は今おすすめの京の秋鱧のお話。

鱧はこんな感じで生きて届きます。
↑こちらは、鱧が入って届けられる発砲スチロールの専用の入れ物です。モーター付ブクブクがついていて、鱧は元気に届けられます。

そして、こちらがthe鱧の解体ショーってほど大げさでもないけれど…
秋鱧いまから〆ます!
秋鱧〆てます③
鱧を活き〆するところです。
暴れる鱧をしっかりと掴みながら、首?(鱧に首なんてあります?)の辺りをスパーンと切り、けど切り落とさず半分くらいつながったままの状態で、氷水の中へこんなに切られてるのに、まだ尻尾を動かして、しぶといです。
血を完全に抜かないとならないようです。そうしないと、身に血が回って使いものにならなくなる、とか…。(by塩ちゃん)


スプラッターな画像にならぬように調理する社長と塩ちゃんの連携にて撮影。
こうしてさばかれた秋の鱧は、あぶらがのっていてとても美味しいということを最近知った私です。鱧といえば夏の京の風物詩的なイメージがありますが、是非一度お試しくださいませ。
プロフィール

梅小路随想録

Author:梅小路随想録
京都舞坂スタッフブログへようこそ。
私達スタッフの日々の発見、うなぎ・すっぽんだけでなく季節のお料理のお話などなどをお伝えするスタッフブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。